大勢の前で発表…それでも緊張しない方法とは?/緊張しない最強テクニック

大勢の前で発表…それでも緊張しない方法とは?

発表 全く緊張しない方法

 

発表といえば、学校や職場で欠かせないもの。しかし、大勢の前で発表するのは気が引けるものですよね。

 

せっかく一生懸命に準備しても、その成果が出せなければ全く意味がありません。

 

発表するときに、緊張しない方法について、学んでいきましょう。

 

 

自信を積み重ねることで緊張しない!?

 

発表 全く緊張しない方法

 

発表で緊張しない方法は、いろいろありますが、一番重要ななのは、自分を信じることですね。

 

そうした自信は、急につくものではなく徐々に大きくなっていくものです。

 

特別な呼吸法を使ったり、筋肉弛緩法など、いろいろな方法を用いることはかまいません。

 

しかし、最終的には、発表などの場面での成功体験が緊張しない自分と、それをもたらす自信を育てていくのです。

 

では、自信がない間はどうすればいいのでしょうか。

 

そういう場合は、イメージトレーニングなどで心を鍛えることもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

緊張しないイメージを脳に植えつけることによって、発表する際の心理状況に大きな違いが生まれます。

 

脳の条件付けそのものが変わってしまうのでドキドキしづらくなり、自信もドンドンと強くなっていくでしょう。

 

最終的には、さまざまな方法を試し、緊張しない自分自身のイメージを持つことですね。

 

小さな成功体験であっても、徐々にするぎない自信がついてくるきっかけになってくれます。

 

小さな自信を一度付けることさえできれば、あとは好循環でドンドンと状況が改善していくでしょう。

 

発表などの場面で緊張しない自信がつけば、ほかのさまざまな場面でもその自信が活かされるでしょう。

 

自分のことを信じることで苦手だったことが克服でき、性格にも変化が現れると思います。

 

自信を付けることと覚えていおきましょう。

 

 

発表での不安をなくすために

 

発表 全く緊張しない方法

 

発表のときに緊張しない方法ですが、まずはその原因をさぐってみましょう。

 

緊張する大元をたどってみると、自分自身の中にある不安感というものに突き当たると思います。

 

不安が緊張そのものといってもいいでしょう。

 

不安というものは、自信の無さからくるものです。

 

ですから、不安をなくすにはしっかりと事前準備をすることが有効です。

 

これもひとつの方法です。いわば、しっかりとした根拠のある自信という奴です。

 

スポンサーリンク

 

しかし、事前準備したら必ず緊張しなくなるんだったら話は簡単ですが、そうは行きませんよね。

 

そういう場合は、なんとなく大丈夫な気がすると考えてみましょう。

 

これもバカに出来ない方法の一つです。これは”根拠のない自信”ですね。

 

こんなふうに考えて、不安を取り去ってみましょう。

 

 

発表会では適度な緊張を保つ

 

発表 全く緊張しない方法

 

ここまで来ればあまり大きなドキドキは経験しないはずです。

 

そこで、適度なドキドキをあえてなくさない意識をもってみましょう。

 

緊張というのは、まったくゼロになることはありません。

 

むしろ、緊張がゼロになってしまったら注意力ややる気がなくなってしまうので、何も出来なくなってしまいます。

 

ある程度緊張があるほうがよい、という意識を着けましょう。