緊張する大きな原因を解明!あがり症を改善しよう/緊張しない最強テクニック

緊張する大きな原因を解明!あがり症を改善しよう

緊張しない方法 原因

 

ちょっとしたことでもガチガチになってしまう人って、いますよね。

 

緊張しやすい人と緊張しにくい人は何が違うんでしょうか。

 

まずは原因を考えてみましょう。

 

 

緊張を怖がってしまう

 

緊張しない方法 原因

 

単なる緊張状態と、緊張を怖がってしまう状態は区別しづらいんですが、違うんですね。

 

緊張しやすい人は、緊張すること自体を怖がっている場合が多いようです。これが原因です。

 

重要な場面で、ある程度緊張することは仕方ありません。

 

しかし、ドキドキしていることに注意が向くと、思考が支配されていきます。緊張自体は誰にでもあるので、普通のことだと意識しましょう。

 

心理学者のヤーキーズ・ドットソンは、適度な緊張はパフォーマンスを引き出すことを証明しています。

 

スポンサーリンク

 

ある程度人よりドキドキしやすい人は、自分はたまたまそういう性格なんだ、と思うしかないですね。自然に湧き上がるものなので、受け入れて放っておきましょう。

 

 

完璧主義が緊張に大きな影響を・・・

 

緊張しない方法 原因

 

完璧主義が影響している場合も多いです。完璧主義だと、ちょっとした失敗でも大きなものとして捉える傾向があります。

 

ちょっとした失敗も許されないのですから、それがプレッシャーとなり緊張する原因となってしまいます。

 

例えば、完璧主義の人は、結婚式のスピーチ内容をすべて丸暗記しようとしたりします。

 

他人の評価を気にするあまりに、自分が喋る内容が少しでもおかしくならないように一字一句正確に話そうとします。

 

そこまでして、自分の評価を上げたいと考えてしまうんですね。

 

スポンサーリンク

 

しかし、長文を丸暗記し、間違わずに暗唱するのは簡単なことではありません。

 

緊張でド忘れしてしまい自己嫌悪に陥り、苦手意識を強めてしまうのです。

 

完璧主義が原因の人が緊張しない方法は、他人の評価を過度に気にしないように務めることです。

 

失敗してしまう自分を他人に堂々と見せてしまいましょう。そのほうがむしろ人から愛されるのではないでしょうか。

 

 

経験不足、練習不足が緊張に繋がる…

 

緊張しない方法 原因

 

たとえば、結婚式のスピーチが初めての人は、かなり緊張することでしょう。

 

未体験の経験をするときには、人は自然と警戒するものですし、仕方がありませんよね。

 

経験が足りないこと、未経験であることが原因になります。

 

緊張しない方法は、単純に経験を増やしていけばよいのです。

 

経験を増やしたくても、チャンスがないという人もいるでしょう。

 

そういうときは、可能な限り同じシチュエーションで練習を積むことが重要です。

 

面接で緊張しない方法としては、面接の練習をしたりしますよね。

 

スピーチやプレゼンテーションの場合も、人に手伝ってもらって練習してみましょう。この方法で克服することが出来ますよ♪