結婚式のスピーチで緊張しないオススメの方法/緊張しない最強テクニック

結婚式のスピーチで緊張しないオススメの方法

スピーチ 緊張しない方法

 

結婚式のスピーチでは、大勢の親族・友人たちに囲まれています。

 

あまり人前に立つ機会がない人は、緊張してしまうことでしょう。

 

スラスラと自然にスピーチができる人はどんな気持ちでスピーチに挑んでいるんでしょうか? 

 

緊張しない方法を考えてみましょう

 

 

他人は自分のスピーチにそれほど関心を持ってはいない

 

スピーチ 緊張しない方法

 

結婚式などのスピーチは、大の苦手という人もいることでしょう。

 

準備の段階から緊張してきて、結婚式を楽しむどころじゃないという人もいるんじゃないでしょうか。

 

緊張してしまう人は、大勢の注目を浴びることを意識するあまりに緊張してしまっているようです。

 

不慣れだから、ということもあるでしょう。しかし、よく考えてみましょう。そんなに人はアナタのことを注目しているでしょうか?

 

たとえば、アナタ自身が人のスピーチを聞き流していたり、緊張している人が舞台に立ってもさほど不自然に思わないのではないでしょうか。

 

それと同じで、他人も人のスピーチにそれほど関心を持ってはいないのです。

 

スポンサーリンク

 

スピーチする側が思っているほど、重要なイベントではない、ということですね。

 

これを理解するのが、緊張しない方法です。これは結婚式のスピーチだけに限りません。

 

たとえば、仲間内でカラオケを楽しんでいるシーンを考えてみましょう。

 

自分が歌っているときは、必死になってうまく歌おうとするでしょうが、たいていの人は聞き流していたり、次に自分が歌う曲を選んでいたりします。

 

人がうまく歌おうと、ヘタだろうと関係ないのに、歌う側は必死にうまく歌おうとしているのです。

 

結婚式のスピーチであっても、カラオケルームであっても、人は必ずしもアナタの歌や話を熱心に聞いているわけではありません。

 

それどころか、心のなかでは早く終われ、なんて思っているかもしれませんね。

 

緊張しない方法が理解できたでしょうか?

 

ある意味で、集まっている人たちをナメてかかればいいのです。

 

そういう気持ちでいることが、効果のある緊張しない方法の一つです。

 

 

緊張しても意味がない!と開き直ろう

 

スピーチ 緊張しない方法

 

スピーチの最中に、一度緊張しだすと止まらなかった経験はありませんか?

 

「緊張しないようにしよう!」と一生懸命になるほど余計に強くなってしまいます。

 

ますは、この悪循環に陥らないようにすることです。

 

スポンサーリンク

 

あまり深く考えないことです。「緊張しないように!」と考えれば考えるほど、緊張している自分に対する注意が強くなっていきます。

 

その注意がさらに緊張感を高めているので、ドンドン高まってしまうのです。

 

いっそ当然だと開き直ってみましょう

 

そうすることで、悪循環から抜け出すことができます。

 

集中すべきは、スピーチの内容、しゃべり方、聞いている人に伝わっているかどうかなどであって、自分の緊張について考えてもしょうがないはずです。

 

緊張しない方法は、自分が緊張しているかどうかは深く考えずに、スピーチがうまくいくための諸事情に注意を払うということですね。

 

自分のことではなく、スピーチを成功させることに集中すればいいわけです。