どんなに緊張する面接でも楽しくなる方法/緊張しない最強テクニック

どんなに緊張する面接でも楽しくなる方法

面接 緊張しない方法

 

面接が苦手という人は、多いかと思います。面接が苦手な理由は様々だと思いますが、大抵の人は緊張感が一番の問題なんじゃないでしょうか。

 

面接で緊張しない方法はあるのでしょうか? 

 

比較的簡単な緊張しない方法をまとめてみました。

 

 

対面練習法が緊張しないオススメの方法

 

面接 緊張しない方法

 

面接で面接官に見つめられると、震え上がるほど緊張しませんか? 目線というのは、人間が本能的に嫌うものだそうです。したがって、慣れておく必要があります。それが緊張しない方法です。

 

目線に慣れる方法として、対面練習法というのがあります。とりあえず、見つめ合うことに慣れるというもので、ルールが決まっているわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

友人と話しているときなど、じっと意識して見つめてみましょう。また、電車で知らない人と向かい合ったときでもいいでしょう。たくさん視線を合わせればそれだけでどんどん慣れていきます。これも緊張しない方法の一つです。

 

 

おまじないリラックス法で緊張をほぐそう

 

面接 緊張しない方法

 

面接で緊張しない方法ですが、”おまじない”を唱えることもオススメです。おまじないですが、それ自体はなんだっていいのです。リラックスする言葉であれば、好きな言葉で大丈夫です。

 

普段から、リラックスしたいときに唱えるおまじないを決めておきましょう。「じゅげむじゅげむ」でもいいですし、「明日は晴れる」とかでもOKです。

 

同じ言葉を10回以上唱えているうちに、不思議とリラックスしてくるはずです。非常に実行するのが簡単な緊張しない方法です。

 

 

面接ではゆっくりしゃべる

 

面接 緊張しない方法

 

面接のときに、あえてゆっくりしゃべるのもオススメの緊張しない方法です。いざ面接本番というときは、多くの人が焦って早口になってしまいます

 

緊張するとついつい慌ててしまい、うまくしゃべれなくなって余計に慌てる人が多いです。

 

そこで、意識的にゆっくりしゃべってみましょう。ゆっくりと大きな声を出すと、それだけで気持ちが落ち着いてくるはずです。

 

また、ゆっくりしゃべっている間に、次にしゃべることを考えられますし、自分の言いたいことを言いやすくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

みんなが焦ってしゃべっているなかで、自分だけが落ち着いてゆっくりしゃべれば、面接官の印象は決して悪くないはずです。ゆっくりしゃべれば、舌が回らずに言葉に詰まるようなことも少なくなるでしょう。

 

ゆっくりしゃべることと合わせて、深く呼吸するように意識しましょう。面接の前には深呼吸するのもよいですね。非常に効果的な緊張しない方法です。

 

 

面接の準備を怠らない

 

面接 緊張しない方法

 

当たり前の話ですが、いきなり面接に挑んでうまくいく人はほとんどいません。予め予想される質問には答えを用意しておきましょう。

 

友人や親に面接官の役を頼んで、模擬的な面接テストをしておくのも良いですね。みんなが当たり前にやっている面接で緊張しない方法です。

 

繰り返し練習し、「もうこれ以上、なにも準備することはない!」と言えるくらいまで準備しておけば、それだけで自信につながります。

 

それでも予想外の質問は飛んでくるでしょうが、他の部分で合格点を挙げておけば、ドツボにはまるようなことはないでしょう。

 

面接の練習は、オススメの緊張しない方法です。